津島の小さなガス屋さん ガスのことなら クリーンライフ 福島屋 安心・快適 エルピーガス 

IHクッキングヒーターを考える

NEWS IH調理器 火使わないのに火災事故相次ぐ  

火を使わないため安心なはずのIH(電磁誘導加熱)調理器で、火災事故が相次いでいる
経済産業省はメーカーなどに製品の重大事故報告を義務付けた2007年5月から約2年間で、
20件を把握。
このうち誤った使い方が原因とみられる事故が半数の10件と多く、
同省製品安全課は「じか火を使っていないからと油断しないで
と注意を呼び掛けている。
(中略)
同省製品安全課は
「原因の5割を占める誤使用の割合は、他の家電と比べても非常に高い
じか火ではないから火事にならないという油断を招きやすいが、
操作の誤りが火事につながることがある。
製品の特性に対する理解と正しい使い方への注意が必要」
としている。

2009年5月14日 日本経済新聞(夕刊)より

記事のなかでは、

1、IH調理器は熱効率が良いため油の量が少ないと、短時間で高温に達してしまう。
2、底が平らになっていない鍋などは調理器のプレートとの間にすき間ができ、
温度センサーが高温を感知しなかったりすることもある。
3、天ぷらや揚げ物の際に加熱モードのままで調理すると、温度が高くなりすぎる恐れもある。

などの指摘がされています。

IHといえども、使い方を誤れば火災・やけどなどの危険があります。
どんな機器でも過信・油断は禁物ということですね。


IHクッキングヒーターを考える  

私は自分で料理もします。だから声を大にして言います。

IHは底の丸い中華なべは使えません!土鍋も使えません!

今まで使っていたアルミ鍋や銅鍋を使える機種もありますが、熱効率がおちます。

そこで、新しいお鍋を買うことになりますが・・・、

IH用の鍋やフライパンはそこそこの値段しますし、なにより重いんです!
是非、売り場でご確認を。


朝の忙しいひと時。
お味噌汁を暖めて、お茶を沸かし、グリルで干物を焼きながら、卵焼きを作りましょう。

ガスなら同時にできます。が、IHではできません!

IHは2箇所以上のヒーターを同時に使うと、火力がおちてしまいます


「さっとひと拭き、お手入れ楽々」にあこがれるお母さん。

毎日ちゃんと拭きましょう。
でないとIHといえど、焦げ付きはおこります


換気扇はIH用の幅広のものにしましたか?

IHでも調理による油煙などはガスと同様におこります。
しかし、炎による上昇気流はおこりません。
換気扇が汚れないぶん、
台所全体に広がってしまう可能性があります。


「火が無いから安全」は間違った認識です。

IHも正しく使わなければ火災や事故の危険性があります!

実際、IHの普及につれて事故報告がなされており、
消防局でも「過信は禁物!」と警鐘を鳴らしています。


IHは電磁波を出しています。

電磁波の人体への影響はいまだ不透明ですが、
体にいいとは思えません。

また、心臓ペースメーカーなどの医療器具を使用している人、
電磁波過敏症(電磁波をあびると、気分が悪くなったり、頭痛を起こしたりする)の人は
避けたほうが無難でしょう。

電磁波について知りたい方はこちら


IHクッキングヒーターを買われる方は、
本当にその商品を理解された上で、購入されているのでしょうか?
どうも、イメージだけが先行しているように思えてなりません。

おいしいのはガスだと断言できます!

煮物にしても、熱の対流でおいしくなりますし、
直火で焼いたさんまは、ほっこりしていて最高です。

いつの時代も、
「味の決め手は、愛情と火加減」
ですよ、お母さん!


安心・簡単においしい料理はこちら



オール電化を考える/電気料金を考える/エコキュートを考える/環境問題を考える

powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional