津島の小さなガス屋さん ガスのことなら クリーンライフ 福島屋 安心・快適 エルピーガス 

ゴルフ日記6

ゴルフ場予約 格安


2010年のへぼゴルフ日記part1  



リオフジワラカントリークラブ

2010/3/21
お久しぶりのTD会に参加です。
今回はリオフジワラカントリークラブの藤原コース。
私は初めてのお邪魔です。

天気予報によれば、天気は雨と風で大荒れだそうですが、
今年の初ゴルフで強風は経験済みです。
K君の車で下道を小一時間。
前回お邪魔の藤原ゴルフクラブのご近所でございます。

モーニングコーヒーを飲んで、さあ練習場へと思っていたら、お呼びがかかり、
コンペ参加者全員がバスに乗り、INのスタート地点に向かうとのこと。
10番のティーグランドには茶店と練習グリーンがあり、
ここからカートにクラブを積んでスタートです。

雨はあがって、風がちょっとあります。
久々に小泉君との勝負で、否が応でもテンションは上がりますが、
唯一の不安材料は、前回から続くドライバーの不調でございます。
練習場にも行けなかったので、いっそう心配。

スタートホール、346ヤード ミドル。
最初の一打は案の定トップして低い球。
フェアウェイは前日からの雨でぐずぐずです。
セカンド、7Wはいい手ごたえですが、
泥水のしぶきが跳ね上がって、ボールの行方は見えません!
良かった、なんとかグリーンそばまで行っていました。
これを寄せて、ワンパットのパーでございます。パチパチ。

ちいさな2グリーンですので、なかなかパーオンとはいきませんが、
乗ってしまえば、パットは少なくてすむコースです。

ドライバーの不調は続いています。
いずれも左へ巻き込むような低い球ばかり。
距離がかせげない中、なんとか頑張っていたのですが、
15番ミドルでは左へOB
17番ロングではダフッてチョロ。距離を欲しがった7WがOB
18番ミドルではふたたび左へOB。ガックリ。

それでも前半終わって 14パット(!) の50。
K君には1打のビハインド。
良く耐えているとは思うのですが、なにか上昇のきっかけをつかみたいところです。

さて、後半 1番 346ヤード ミドル。
期待をこめた一打はやっぱり左のラフへ飛びました。
ここでPWがシャンクして右バンカーへ!
出鼻をくじかれるトリプルです。

その後、ドライバーだけでなく、アイアンやアプローチも乱れ始め、
迎えた4番 284 ヤード ミドル。
慎重に握った3Wも当たり損ね。
狙った9Iは手前のバンカーにはいります。
一回では出せず、無念のトリプル。

結局、最後までリズムを取り戻すことはできず、
後半は 16パット の 53。
トータル 30パット の 103 で終了。
K君には4打差をつけられで完敗でございます。

アプローチの距離感と、パッティングのタッチがあっていただけに、
これでドライバーが当たっていたら、と思えますが、
考えていた以上にドライバーの病気は深刻そうです。

さ〜て、どうしたもんでしょ・・・。




藤原ゴルフクラブ

2010/3/6
高校時代のクラスメイトと飲んでいたら、話が盛り上がり、
急きょプライベートゴルフへ行くことに。
私がGDOさんで予約して、行ってきました藤原ゴルフクラブ
昨夏にお邪魔したときは、早々に左ふくらはぎにこむらがえりをおこして、
えらい目にあいましたが、今回はいかに。

あいにくの雨模様の中、中 ――>西 とまわります。
メンバーはいずれも同窓生の、O巣君、U田君、Y江君。
気の置けないメンバーですので、とても楽しいのですが、
そのぶん緊張感に欠け、スコアは期待しないほうが良さそうです。

天気予報は雨なので、少しでもキャリーを稼ごうと
お久しぶりの460TPを持ってきましたが、これが大誤算
まるで当たらず、距離も出ず、左へ左へのミスショットばかり。

スタートホールこそパーでしたが、
2番ホール、321ヤードと短いミドルで左へのOB
3番 ロング、4番 ミドル、いずれもドライバーが当たり損ねで、ダボ
5番 155ヤード ショートは6Iでバンカーに入れ、
なんとかリカバリーするも、3パットでダボ

迎えた6番、371ヤード ミドル。
今日唯一の当たりで右のラフ。
残り150ヤードを、6Iを短く持ってナイスオン。
本日二つ目のパーでございます。

これで勢いに乗るかと思われたのですが、
続く7番は389ヤード 右ドッグレッグのミドル。
慎重にと持った3Wは当たり損ねで、右ラフへ。
直接グリーンは狙えず、4オンの後3パットで悲しいトリプル

8番ショートは3パットでボギー
9番 485ヤード ロングは、3打目がバンカーインでボギー
前半は 23パット の 50 で終了です。

雨も大降りになることはなく、それほど寒くもありません。
「花粉が飛ばないだけこっちのほうがいい。」とO巣君
おいしいランチとビールでガッツリとエネルギーを補給し、
さて、後半 西コース。

相変わらずドライバーが当たりません。飛距離命の私は、ストレスがたまります。

1番 346ヤード ミドルはボギー2番 398ヤード ミドルをダボとし、
迎えた3番 157ヤード ショート。
6Iでは大きく、奥のラフへ。ここでまさかのザックリ2回でトリプル!
4番 475ヤード ロングもリズムは戻らず、
ミスショットのオンパレードで、7オン1パットトリプル
5番 345ヤード ミドルを3オン3パットのダボとしたあと、
続く6番 360ヤード ミドル。

相も変わらず左へ飛び出したボールは、池ぎりぎりのラフで止まります。
本来縦長のグリーンを、斜め横から狙う形となり、
打った8Iはグリーンを飛び越えてバンカーへ。一度では出ず、ダボ

7番 162ヤード ショートをボギー
8番 左に池が広がり、グリーン周りも池という 384ヤード ミドル。
うまく攻めたつもりが3パットでダボ

迎えた9番 564ヤード ロング。
これが最後と気合を入れたドライバーは、空しく左OBゾーンへ。
プレイング4からの3Wは、いい当たりながらガードバンカーにはいります。
距離のあるバンカーショットは届かず、同バンカーのアゴの下に止まり、
そこからは出すだけで、このホールは涙のダブルパー。チャンチャン。

結局後半は 19パット の 56。 トータル 42パット の 106
後半のぐだぐだは、ビールがおいしかったせいだと思います。
それにしてもドライバーが当たらなかったのは大ショック。

次のコンペまでに修正できるのか、とっても不安です。



富士OGM伊勢大鷲コース

2010/1/7

捻挫で終わった昨年のことはさらりと忘れて、
今年の初ラウンドは、K君、N崎君と、
ふたたび富士OGMエクセレントクラブ伊勢大鷲コースさんへお邪魔です。

朝食バイキングで腹ごしらえをしながら外を見ると、
去年のお正月とは異なり、風が吹いていかにも寒そうです。
ただでさえ難しいこのコース、この強風のなか、はたしてゴルフになるのでしょうか?

いよいよスタート。
係の方から「ヘッドカバーなど、風にとばされないようにご注意ください。」の一言が。

1番 355ヤード ミドル。セカンドショットがガードバンカーへ。
一度では出ず、そこからいきなり4パットの洗礼を受け、ダブルパー。

速いグリーンと、強風、おまけに克服したはずのバンカー恐怖症まで顔を出し、
不安いっぱいのスタートとなりました。

2番 360ヤード ミドルでは、ドライバーを右ラフに打ち込み、
その後もショットが落ち着かず、トリプル。
3番 155ヤード ショートは、左のバンカーの間のラフから
アプローチが寄りきらず、そこからさらに3パットでダボ。

続く4番 486ヤード ロングは、ドライバーを右ラフに打ち込み、
その後もラフを渡り歩いたあげく、4打目を左手前のバンカーへ。

グリーンまでは、もう一つバンカーをはさんで距離があるので、
そこを避けたつもりが右のラフ止まり。
そこからのアプローチはダフって、その避けたバンカーへ!ナンデヤネーン!

結局このホールは11打をたたき、心が折れる音が・・・。

5番 左ドッグレック 288ヤードと短いミドル
スプーン、AWでナイスオンですが、ああ、またもや3パットで、パーならず。
6番 左ドッグレック 367ヤード 打ち上げのミドル
スプーンをダフるも、8I、PWでグリーンオン。しかし3パットでダボ。

7番 池越え 492ヤード ロングでは2打目の7Wをダフってフェアウェイバンカーへ。
その後もリカバリーとはいかず、悲しいトリプル。
しかししかし、8番 143ヤード ショートは8Iでワンオン成功!
やっとの思いでパーをとりました。

迎えた9番 ミドル、浮島グリーンの名物ホールです。
強烈なアゲンストの風が吹いていますが、ティーはいつもより前で、362ヤードです。
ドライバーはナイスショットで、残り120ヤードのフェアウェイに!

狙った9Iのショットは、我ながら100点満点。
方向もピンへ真っすぐ!ナイスオンを確信してました・・・。

まるで見えない壁があるようでした。放物線を描くはずのボールは真下に落下。
下り斜面に落ちてころころ転がり手前の池に・・・ぽっちゃ〜ん。(しばしの静寂)

前半終わって、24パット(!)の 59。トホホな結果に。
昨年末、自分が上手くなったと思ったのは幻想だったのでしょうか?
後半は少しはまともになるのでしょうか?

10番 492ヤード ロング。パーオンしながら4パットでダボ。
11番 402ヤード ミドルは、セカンドショットをダフり、3パットでトリ。
12番 330ヤード 右ドッグレッグ ミドルは、慎重にスプーンでティーショット。
パーオンするも、3パットでボギー。
13番 150ヤード 池越えのショートは、7Iをダフって池にいれ、ダボ。

14番 338ヤード 池越え 右ドッグレッグ ミドルは、
スプーンで打つも、左に向きすぎ奥のラフへ。
つま先下がりのラフで8Iをダフりダボ。

その後15番 354ヤード ミドルでは、2オン2パットのきれいなパー。
続く16番 510ヤード ロングは、8Iをダフりながらもボギー。

やっと落ち着いたかに見えた17番 136ヤード 池越えのショート
左からの強風が吹く中、打った7Iはスライス玉。
ブーメランのように曲がってグリーン右へ。
AWのアプローチは寄らず、そこから4パットでトリ。シクシク。

迎えた18番 367ヤード 池越え タツノオトシゴフォルムのミドル
ドライバーは低くでますが、なんとか池越えに成功!
しかし、2打目のPWは右ラフへ。結局ダボ。

後半は24パットの52。トータル48パット(!!)の111。
これで三回お邪魔して、いずれもスコアは111。
前回は雨、今回は風と難しい条件とはいえ、いささかひどい。

考えてみれば、通常のパット数ならば、スコアは100前後となるわけで、
一にも二にも、速いグリーンに対応できていない事が敗因でしょう。
ここのグリーンは特別と考え、パット悩みに陥らないようにしたいと思います。

まあ、けが無くまわれたことでよしとしましょう。
K君、N崎君、今年もお付き合いよろしくね!

下手の横好き 

2010年のへぼゴルフ日記part3へ  part2へ  part1へ  

2009年のへぼゴルフ日記part5へ  part4へ  part3へ part2へ part1 

それ以前のへぼゴルフ日記は 福島屋 別館 へ  


ゴルフダイジェスト・オンライン



powered by Quick Homepage Maker 3.71
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional